大阪の霊園・墓地のことなら凌雲山崇禅寺

Contents

HOME

寺院案内

歴史・宝物

霊園・霊苑

霊園・霊苑

崇禅寺霊苑について

霊苑は人間永遠の魂の安住所です。祖先、両親の遺骨を祀り、自らも死後そこに安住し、子孫もまたそこに祀られて、仏と共に永遠の生命に生きる場所です。当寺には霊苑として一般墓地、個人供養塔、納骨堂があります。
いずれも宗派に関係なくお祀りいたします。

なお当霊苑をご利用の方々のために、毎年の春(彼岸の2日目)と夏(8月2日)に合同の法要を行います。
<ご参加は自由です>

一般墓地

各家別の伝統的な形式の墓地です。大区画から小区画まで各種ありますが、いずれも南向きで日当たりの良い立地です。

個人供養

個人の遺骨をお祀りする供養塔です。本骨は個別に埋葬し、胴骨は合祀いたします。納骨される方の戒名・俗名・逝去年月日・享年を、本供養塔の壁面に彫刻し永代供養いたします。

納骨堂

法隆寺の夢殿を模した鉄筋コンクリート造りです。内部はロッカー式になっており各家別に遺骨をお祀りいたします。

 

<いずれも詳しくは当寺までお電話でお問い合わせ下さい>

 

TEL 06-6322-9309